関東は連日むしむし、暑い!

汗.png

熱中症の危険が多いのは
真夏より今!!

 

暑さに体が慣れていないうちは
熱中症になりやすいのです!

 

 

特に体温調節機能が十分に
発達していない子どもは、
大人より熱中症にかかりやすい
と言われています
。 

 

 

増え続ける熱中症・・・
その原因は「塩不足」にあります。

 

塩不足は、
体内のミネラル比の
崩れ
を引き起こします。

 

 

熱中症の原因となる
「ミネラル比の崩れ」は
食事で補うことができるのです。

 

例えば、
こんなことが思い当たりませんか?

 

「子どもが好きだから」
「朝は時間がないから」といった理由で、

朝食はパン、
というご家庭も多いと思います。

パン.jpg

しかし、
パンとヨーグルト、
フルーツの朝ごはんでは
ミネラルを補うことができないため、

 

 

元気が出ない、
調子が悪いという状態が起こり、
夏バテ熱中症のリスクも大きくなります。

 

 

私たちは寝ている間にも
汗をたくさんかいています。

 

 

汗と一緒に出た
塩分を補給することが大切なので
水だけでは不十分です!

 

 

ぜひ
朝ごはんにたっぷり野菜の入った
重ね煮お味噌汁やスープを
食べてくださいね♪

 

 

そうすることで
熱中症にならないからだ作り
力を貸してくれますよ!

 

 

ぜひ参考にしてくださいね。