生野菜は食べない方がいい?

生野菜を生で食べることを
すすめている人の理由として、

★ダイエット効果を期待して
★酵素を摂取するため
★ビタミンを破壊しないため

というのが多いようです。

 

これらの理由だけが、
先走り加速して
生野菜の過食から、
アレルギーを発症している人が増えている
のも事実。

 

では、
〈生野菜よりも温野菜の方がいいの?〉
〈生野菜は食べてはいけないものなの?〉
という結論付けたくなるのも現代の風潮。

 

そういうことではありません!

 

季節と自分の身体に添う形
で摂れるといいですね。

 

食材同士の調和
という観点から見てみます。

調和して食べよう!

例えば
きゅうり

昔の人たちは、
どのようにして食べていたのでしょうか?

 

生のきゅうり、トマト、人参などを
一緒にミキサーにかけてジュースで。

 

ではないですよね?

 

ぬか漬けや味噌漬け
塩でもんで即席漬け
酢の物
というように

 

陰性の生野菜であるきゅうりを
少しの手を加えることで
陽性の塩や味噌で
調和して食べてきました。

 

生野菜を身体に負担の少ない
調和した形で食べる

 

昔の人が、
生活から会得した智慧ですね。

 

生野菜をアレルギーの方でも、
塩もみや糠漬けという
調和させた形で食べると、
症状がでないという場合が実際に
多いのです。

 

春から夏に自然に育つ野菜に
で食べられる野菜が多く、

 

秋から冬に自然に育つ野菜には
を通さなくては食べられないものが多い
のも自然の摂理。

 

自然が与えてくれる恵みに寄り添いながら、
自然と調和した生活をすれば、

 

私たちは自身の身体と心を
その季節に適した状態に
整えていくことができるのです。

 

そういう点で観ると、

自然と寄り添うとは?

夏に生野菜を食べるのは、
理にかなっていますが、

 

秋、冬に生野菜を多く食べることは、
季節に添わず
身体の冷えや不調を招きます。

 

身体の声を聴かずに食べ続けると
アレルギー、その他の疾患に
繋がってしまいます。

 

酵素やビタミン、ダイエットに
躍起にならず、
決めつけず、
頭ででっかちにならずに
聞くべきは自分自身の身体の声

 

その時々の体調や季節に合わせて、
美味しく楽しめるといいですね。