昨日は
なぜ秋にアトピーが

悪化するのか?

秋.jpg

についてお話しました。

 

は夏とは
季節がまったく異なり

今度は
冷えと乾燥の季節となります。

 

 

そんな
季節の移り変わりに
気を付けていただきたいことを
お話しますね♪

 

 

ベタベタしていたお肌も
少しカサつき始めるのが「秋」です。

 

これは肌だけでなく
身体の内側でも起きているのです。

 

季節の変わり目に
体調を崩しやすくなると
よく言われています。

 

そういう「体質だ」と
捉えている方も

いることでしょう。

 

それは季節の変化に
カラダが追い付かないため
なのです。

 

 

つまり、
季節は秋へと向かっているのに
カラダはまだ夏のまま、
秋支度が出来ていない状況。

 

 

もっと分かりやすく言うと、
衣替えの時期が来ているのに
素足にサンダル
ノースリーブにショートパンツで
ぶるっと震えが来ている

 

 

これと同じことが
身体の内側でも起きているのです。

 

そこで、
季節に合わせた食材を選び、
季節に合わせた食べ方をする
ことで
秋にアトピーやアレルギーが
悪化しにくくなるのです。

 

 

これを食養生と言います。

日中はまだ暑くても
夕方肌寒さを感じるように
なったら
夏から秋に向けての準備を
していきましょうね。

 

それが
秋を快適に過ごせるポイントに
なります!

 

秋の食べ方ってどういうこと?

 

 

 昔から 
「秋は糖質を盛れ」
と言われています。

秋においしくなる食材といえば、
さつまいも、じゃがいも、
もう少しすれば
新米、新豆も出てきますね。

 

秋の食べ物.jpg

これらの糖質
身体の内と外から乾燥を防いで
潤いを保ってくれます。

 

 

また、
陰陽の観点からみても
いも類、穀物は中庸のもの。

 

中庸の食材には
夏の暑さで疲れた身体を
癒してくれる力もあるのですよ。

 

明日は
これから来る
秋の時期にピッタリの
「秋の重ね煮お味噌汁」について
お伝えしますね。