「農薬が気になる!」
「皮をむきたい。」

その気持ちとても良く分かります。

 

全て無農薬で揃えられたら安心ですが、
中々そういうわけにもいきませんよね。

 

皮を剥けば安心
というものでもないですし、

農薬が気になるなら
きゅうり、トマト、ナスなどの
皮を剥かずに頂く夏野菜は
無農薬で揃えなくてはならなく
なってしまいますよね。

 

これでは、窮屈ではありませんか?

 

私は、無農薬の野菜があれば
無農薬を選びます。

 

なければ
地場野菜を選ぶように
しています。

 

旬を丸ごと取り入れることを
大切と考えているため、
手に入る無農薬野菜だけで
調理するということはしていません。
(使える野菜が限られてしまうため)

 

また、
スーパーではほとんど買いませんが、
無農薬野菜をひたすら探し求める
ということもしません。

 

色々な考え方があると思いますが、
まずは、
自分の中で選択基準を持つことが
とても大切だと思っています。

 

そのうえで、
知って頂きたいのは

 

皮を頂くことで
こんなに素晴らしい効果があるのです。

 

〇美味しくできる
皮には旨味も栄養もぎっしり
詰まっています。

 

皮ごとアクごと調理することで
素材の味が引き出されて
美味しく仕上がります。

 

〇解毒効果
野菜の皮は、
食物繊維が豊富なだけではなく
強い解毒効果を持っています。

 

侮るなかれです。

 

特に根野菜の皮には
抗酸化と言われるポリフェノール
がいっぱい!

 

体内の老廃物も絡めとり、
排出する力を持っています。

 

ご家族の為に
選択するチカラをつけることは
とても大切だと思います。
それが「生きるチカラ」にも
繋がると思っています。

 

最近は、
宅配の安心野菜も増えてきたので、
手に入れやすくなっていますね。

 

毎日食べるものだから

身体を整えてくれるものだからこそ!
選ぶチカラを身につける努力を
していきたいですね。

 

ちょっと大きな話をすると

 

私たちの今の選択が
未来の子どもたちに残されていくものだ
と思っています。