教室に通ってからは、
重ね煮の魅力にどっぷりハマり、
重ね煮生活が始まりました。

 

料理が大の苦手で苦痛だった
私が主人に
「丁寧な料理だね。」
褒められるようになりました。

 

基礎科に通っている途中で
次女の妊娠が発覚。
私が32歳の平成29年11月に
安産で次女を出産。

しかし、次女は乳児湿疹がひどく、
病院では重度のアトピー
と言われてしまいました。

 

とてもショックでしたし、
責任を感じました。

 

かわいそうなのは私ではない。
けれど、周りの人の心無い言葉が
私の心に鋭く突きささりました。

 

毎日、子供の肌を見ては、
罪悪感を感じて、
「ごめんね。」
と泣いてしまうことも。

 

アトピーの娘とどう向き合うか?
周りの人とどう付き合っていくか?

 

 

お願いだから、
変な目で見ないで。
と心から叫んでいました。

 

「大丈夫。大丈夫。」

 

私にとっては最大の課題のように
感じていました。

 

お薬も必要最低限にしたい。
との思いから、沢山の本や
アトピーに対しての考え方を勉強して、
少しづつ娘と向き合ってきました。

その時の私は、ステロイドを目の敵の
ように感じていて、
何が何でも塗らない!
とがんじがらめの考え方をしていました。

 

それもそのはず、
私自身、
アトピーと喘息を幼いころ
患っていて、
季節の変わり目に発作がひどくなり、
そのたびに、母は私に付ききりになり、
夜中に病院に駆け込むことも。

 

その頃の私は、
ステロイドを魔法の薬のように
感じていました。

 

身体が弱く、
とてもおとなしい子供でした。

 

結婚してからは、
自分自身の身体と向き合う機会を
沢山もらいました。

娘の身体は私のものではないし、
娘の人生も私のものではない。

 

だからこそ、
押しつけにせずに、
娘にとって何が1番いい方法なのか?
を考えました。

 

でも、
答えなんてないんですよね。

 

「合ってる」
「合っていない」
という単調な答えは
一生分からないと思います。

 

だからこそ、
子育てを通じて、
自分も成長して、
母親になっていく

 

あるが事がきっかけとなり、
主人と話し合い、
ステロイドを塗ることにしました。

 

あっという間に娘の肌がきれいに
よみがえり、
それとともに私の心も晴れやかな
気持ちになりました。

 

しかし、
それもつかの間、
薬をやめるとあっという間に
リバウンド。

 

しかも、以前よりひどい状態に。
また、ひどく落ち込む日々。

 

でも、ステロイドを
目の敵にするのではなく、

お薬の力を借りつつ
身体の中から整えていこう!

 

アトピーは、
肌が弱いと思われがちですが、
出せる身体ってすごい!

 

そう自分にも言い聞かせて
毎日を楽しく笑って過ごすことを
心がけました。

 

娘が身体を張って私に教えてくれたことを
無駄にはしたくない。

 

そんな想いから、
私のように悩むママに
砂糖、油を使わずに簡単に美味しく、
さらに身体を整えることができる
「重ね煮」をお伝えしたい!
と想うようになり、
師範になる決心をしました。

アトピーのお子さんを持っているママは、
ママがかわいそうなわけではないけど、
心のよりどころになるお手伝いが
したい。

 

「重ね煮」は沢山ある方法の一つにしか
過ぎないけど、
もし、お子さんにどんな食事をあげたら良いか?

母乳ならどんな食事をしたらよいか?

 

悩んでいるママに、
「重ね煮」をお伝えしていこうと
想っています。

 

重ね煮は単に調理法を学ぶのではなく、
重ね煮を取り入れることにより、
ママが自信をもって食卓を整えることが
出来て、

 

ママが笑顔でいることで家族も笑顔に。

 

ママの存在ってそれだけ重要な存在だと
感じています。

 

私の力だけではなく、
理解してくれて、
協力してくれる主人にも

感謝しています。

今は、毎日重ね煮お味噌汁を飲んで
肌もだいぶ改善し、
元気に過ごしています!

子供の笑顔を見守り続けたいですね。