あなたのお子さんは、
毎日出ていますか?

 

排泄は、
体調を知る上でも大切な
バロメーターです。

 

便秘とは一般的に、
「3日以上便通がない。」
「便が固い、量が少ない。」
「うまく排便できない。」
「残便感がある」

などの状態をいいます。

 

排便は、
身体の毒素を排出する機能

として重要な役割を果たしています。

 

毎日、出るのが理想ですが、
2~3日でなくても元気なら
様子をみてあげてくださいね。

 

ですが、
〇お腹が痛い。
〇5~6日に1回しか出ない。
〇排泄時、痛がる
〇食欲がない

 

などの症状があったら、
お母さんも心配になりますよね。

改善できるように
お薬に頼るだけではなく、
生活習慣も見直してみてくださいね。

 

なぜ便秘になるのか?

便秘は軽く見られがちですが、
腸内環境が悪くなっているサイン。

 

自律神経や
腸内細菌のバランスの異常
偏った食事、
ストレス、我慢のし過ぎ。
からも起こります。

 

まずは、食習慣を
見直してみてくださいね。

心当たりありませんか?

1、甘いもの、お菓子が好き。
2、揚げ物が好き
3、スナック菓子が好き
4、肉好き
5、野菜をあまり食べない
6、野菜を生野菜で摂ることがある。
7、お味噌汁を毎日飲まない。
8、牛乳、ヨーグルト、乳製品が好き。

 

原因は、
一つではなく混在していることが

多いです。

 

便秘がちのお子さんは、
1と5の比重が大きいことが
多いです。

 

まずは、1週間出来るところから
始めてみてくださいね。

 

規則正しい生活を心がけて、
良く水分を摂るようにして、
たくさんお外で遊ばせましょうね。

お子さんの場合は、
お茶よりもお水がおすすめです。

 

汗も沢山出て、
代謝が良くなります。

 

子供の身体は、繊細で敏感。
少しの心がけで改善が見られますよ。

 

レシピだけではなく、
食べる軸をお伝えしています。
「重ね煮」を取り入れて
もっと気楽に食卓を整えませんか?

7月から1日体験教室始まります!
募集開始は6月6日から!

10月開講の養生科(6か月間)では、
油、砂糖を使わずに、
お手当にもなる「引き算の食べ方」
をお伝えいたします。