(小学1年生、年少の男の子の2児のママ)

養生科の生徒さんの声です。
小学1年生と年少の男の子の2児のママ。
現在、妊娠9か月。

 

妊娠をきっかけに養生科を学ぶ決心を
してくれました。

 

「お肉を食べると気持ち悪くなるけれど、
重ね煮の野菜は美味しく食べられる。」
とおっしゃって楽しく学んでくれています。

 

そんな生徒さんの変化です。

養生科を学び始めてから変わったことはありますか?

 

☑重ね方を学んだお陰で、料理をする時間が早くなった。

☑砂糖や顆粒だしを使わなくなった。

☑子供たちも学ぶ前よりも野菜をたくさん食べてくれる。

☑お腹を壊すことが減った。

☑重ね煮の料理は食べすぎても体重が増えない。

☑悪阻の時に、他の料理だと気持ち悪くなるけど、
 重ね煮は気持ち悪くならない。

 

ほんの数か月の学びだけですが、
このような変化に気付くことができた生徒さんに
私が感動しています。

 

重ね煮では、野菜の力を借りて調理をするので、
調味料も必要最低限なので、
冷蔵庫もスッキリします。

 

4回目が終了した時点での変化なので、
まだまだ伸びしろはあります。

 

乾物をうまく活用出来たり、
油やお魚をうまく活用できるように
なるともっと食卓を整えることが
できるようになると思います。

 

これからの変化も楽しみです♡

 

「今」だけ学んでいて良かった。
ではなく、
この先も3人目が生まれてからの
離乳食や3人目が生まれて、
お仕事に復帰もしてますます忙しくなると
思いますが、
ずっと役に立つはずです(*^^*)

 

あと2回養生科での学びがあるので、
まだまだ、変化を楽しめると思います。

 

私もしっかりサポートをして、
楽しいマタニティ生活を。
幸せな出産を。
これからも幸せな
日々を過ごしてほしいと思います(*^^*)

座学と調理を両方学べる「体験教室」
開催しています。
重ね煮とは?重ね煮のコツは?
重ね煮の何がいいの?

を1日で学ぶことができます。

 

まずは、体験教室に来てみませんか?
お子様連れで参加できます!

 

8月9月開催します。

お気軽にお問い合わせくださいね。