重ね煮との出会いから現在
そして未来へのストーリーを
お届けしています。

ーーーーーーーーーーー
ー第3話ー
重度のアトピーです。
ーーーーーーーーーーー

妊娠しにくかった私でしたが、
2人目を授かることができ、
無事に出産することができました!

あきな6.jpg 

次女は乳児湿疹
脂溶性湿疹がひどく、
治ったかと思えば
また再発しての繰り返しでした。

 あきな4.jpg

そしてついに
生後4か月の頃に
「重度のアトピーです。」

と医師に言われてしまいました。

 

その日から、
娘に対して責任を感じ、
娘の真っ赤にただれた
肌を見るたびに涙があふれてきました。

 

 

その頃の私が
悩んでいたことは

 

ステロイドは
塗るのか?塗らないのか?
保湿はするのか?しないのか?

入浴は?

浴槽でお湯に浸かったほうが
いいのか?

 

アトピーの治し方を
毎日模索する日々が
始まったのです。

 

 

ですが、
ただ一つ悩まなかったことが
ありました。

 

それは「食」です。

 

油も砂糖も使わない
重ね煮を知っていたおかげで
「食」に悩むことはありませんでした。

 

 

次女の離乳食も
もちろん重ね煮でした。

 離乳食①.jpeg

 

本にあるような
〇か月になったら
これを食べさせるといった考えかた
ではなくて

 

 

目の前にいる娘の様子を見ながら
少しずつ離乳食を進めていきました。

 

 

現在、
3歳になった娘は
ごはんとお味噌汁が大好きな
元気いっぱいの女の子に成長し、

幼稚園.jpg

 

毎日元気いっぱいに
幼稚園に通っています。

 

季節の変わり目に
アトピーが悪化することも
ありますが、

 

母親が家庭で
できることはわかっている。

 

たった一つの
「食の軸」を学んだことで
私自身が母親としての
自信ができ、

 

子育てを
楽しめるようになったのです。

 

次女のアトピーを
きっかけに
改めて「食」の大切さを知り
体は食でできていることを
実感したのでした。

 

重ね煮から
沢山のギフトをもらっている
出会えてよかった!
とつくづく思うのです。

  

明日はさらに
思いがけないギフトが
届いたお話です。