花粉症って何?

花粉症は、
アレルギーの一つです。

花粉症って昔はなかったようです。

しかし、今はどうでしょうか?
小さいお子さんも花粉症に
なることは、
珍しくなくなってきましたね。

 

何故、昔はなかった花粉症が
ここまで増えてきたのでしょうか?

 

今と昔の花粉なにが違うのでしょうか?

 

花粉症は、
花粉そのものが悪いわけでは
ないのだと思います。

 

花粉の周りについた
ほこりや放射能、、、
きっと他にも沢山ついていますよね。

 

今と昔の大きく違うところは、
環境の変化ではないでしょうか?

 

その他の原因は、
やはり飽食、欧米化による
食べ物の変化による腸内環境も
関係してくると思います。

 

なので、
症状が出ているときは
腸内環境を悪くする
コーヒー、砂糖、果物、
乳製品、小麦粉を
控えるといいと思います。

 

症状って悪者?

花粉が身体に入ってきて、
それらを身体から追い出すために
涙が出たり、
くっしゃみをしたり、
鼻水が出たりしますよね。

 

見ているだけでも、
辛そうに感じます。

 

その不快感をなくすために
薬を飲んだり、
目薬をしたり。

 

でも、できれば
根本的に治したいし、
出来れば、
身体に負担なく
取り除きたいですよね?

 

大人の方なら、
即効性のある薬を飲んで
しまうのが手っ取り早いと
感じるかもしれませんね。

 

でも、それで毎年、年々
良くなっていますか?

 

私の周りにいる花粉症の方が
毎年、薬を飲んでいますが、
年々、ひどくなっているように
感じるのは私だけでしょうか?

 

花粉症がひどくて、
身体がだるい。

 

根本的に治すのは、
時間がかかるかもしれませんが
なるべく身体に負担のない方法で
症状を緩和して、

 

少しずつ腸内環境を整えていくことが、
遠回りに思えても
実は、近道かもしれませんね。

 

ストレスの溜まりやすい現代
だからこそ、
たまには、スマホから離れて
ゆっくりしてみる時間
を作ってみてくださいね。

 

花粉症に塩番茶

鼻詰まりにも効果のある番茶に
塩お加えたもの。

 

抗菌作用や細胞を引き締める
作用のある番茶に
さらに、血管を締める力のある塩
を合わせることで、
鼻詰まりを改善します。

 

塩番茶で鼻を洗浄すると、
スッキリします。

 

ガーゼに塩番茶を浸して、
目に当てたりするのもおすすめです。

 

 

市販の目薬よりも
作用が穏やかです。

 

番茶や水で薄めた梅酢で
うがいすることも
おススメです!

抗菌作用もあり、
ビタミンcも豊富な番茶。

喉の不快な症状の緩和に効果的
な梅酢。

喉に違和感を感じたらお試し
くださいね。

 

梅酢は、お子さんには刺激があるので
無理せずに。

 

副作用のないお手当も
少しづつ取り入れてみて
くださいね。

 

お手当の方法も
重ね煮アカデミーで紹介しています。