子供が体調悪い時に皆さんは
何をしますか?

 

病院へ駆け込む前に、
自然としていることが
ありますよ。

 

「おなかが痛い」と子供が言ったら、
自然とお腹を触っていませんか?

 

痛いところに手を当てると、
ホッとしますよね。
そこから、「手当て」の言葉が
生まれました。

 

お母さんの手は魔法の手

 

優しくそっと手を当ててみてくださいね。

 

体調を崩してしまったときは、
早めに身近な食材を使った手当が
チカラを貸してくれますよ。

 

★薬と違い副作用がありません。
★先人から長年にわたって伝わる歴史と
 実績があるので安心して施せる。
★身近な食材でいつでもどこでも対処できる。
★体調を崩す前に対処できるので、
 本格的な不調になる前に回復できる。
★お子さんとのコミュニケーション
 なる。

 

お手当は、あくまでも対処療法なので、
手当を取り入れる前に日々の
食生活を気を付けてみてくださいね。

 

お米、お味噌汁、野菜、魚を
中心にすることで体調を崩しにくくなります。

胃腸が疲れてくると、
免疫力も低下します。
腹八分目を心がけてくださいね。
この二点を気を付けると、

手当は不調の回復にチカラをかして
くれますよ。

日常の生活で意識してみてくださいね