①一日2~4回 空腹時に取り入れる。

②食事の量をいつもの半量以下に減らし
砂糖、あぶらを使わない消化のよいものを
心がける!
胃腸を休めて、体調の回復にチカラを回すため。

③お菓子の代わりに手当食を取り入れる。
砂糖を使ったお菓子は病気の回復を妨げます。

④5~7日をめどに使用してみて、
効果がなければ服用をやめる。
体が慣れてしまうので、一旦中止して別の方法に
切り替える。

お手当を取り入れる際に、気を付けてみてくださいね。

便秘におすすめ

さつまいもとリンゴの葛あん煮♡

リンゴのペクチンとさつまいもで便秘解消
効果に〇
さらに葛がお腹の調子を整えてくれますよ。